近刊検索 デルタ

2018年5月2日発売

徳間書店

ヤイトスエッド

徳間文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
近所に憧れの老作家・坂下宙ぅ吉が引っ越してきた。私は宙ぅ吉のデビュー作「三つ編み腋毛」を再読する。そして少しでも彼に近付きたいという思いを強くして――「イナセ一戸建」のほか、文庫版特別書下しとして、作中に登場する坂下宙ぅ吉のデビュー作「三つ編み腋毛」(抄)を収録した全七篇。淫靡な芳香を放つ狂気を描く、幻の短編集が待望の文庫化。
著者略歴
吉村萬壱(ヨシムラマンイチ)
1961年、愛媛県松山市生まれ、大阪府枚方市育ち。京都教育大学卒業後、東京、大阪の高校、支援学校教諭を務めた後、専業作家に。2001年「クチュクチュバーン」で第92回文學界新人賞を受賞しデビュー。2003年「ハリガネムシ」で第129回芥川賞、2016年『臣女』で第22回島清恋愛文学賞受賞。近年は小説のほか、初のコミック『流しの下のうーちゃん』やエッセイ集『生きていくうえで、かけがえのないこと』、『うつぼのひとりごと』も発表。ほかの著書に『バースト・ゾーン』『ボラード病』『虚ろまんてぃっく』『回遊人』など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。