近刊検索 デルタ

2018年5月14日発売

朝倉書店

昆虫の脳をつくる

君のパソコンに脳をつくってみよう
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
昆虫の脳をコンピュータ上に再現する世界初の試みを詳細に解説。普通のパソコンで昆虫脳のシミュレーションを行うための手引きも掲載。〔目次〕昆虫の脳をつくる意味/なぜカイコガを使うのか/脳地図作成の概要とソフトウェア/他
目次
第1部 昆虫脳の基礎知識
 1.「昆虫の脳をつくる」意味 〔神崎亮平〕
 2.ニューロンの形とはたらき 〔神崎亮平〕
 3.昆虫の感覚・脳・行動 〔神崎亮平〕
第2部 昆虫脳の研究手法 
 4.なぜ,カイコガを使うのか? 〔神崎亮平・安藤規泰〕
 5.昆虫脳の分析手法 〔並木重宏・櫻井健志〕
 6.昆虫脳データベース 〔並木重宏・神崎亮平〕
 7.脳の計算手法 〔宮本大輔〕
第3部 昆虫脳をつくる
 8.脳地図作成の概要とソフトウェア〔池野英利・岩月知香・神崎亮平〕
 9.標準脳の作成の実際〔池野英利・岩月知香・後藤昴彦・宮本大輔・神崎亮平〕
 10.昆虫脳シミュレーション 〔宮本大輔・加沢知毅〕
著者略歴
神崎亮平(カンザキ リョウヘイ)
神崎亮平(東京大学教授) 1957年和歌山県生まれ.専門は神経行動学.カイコガのフェロモン源探索行動の研究や,昆虫制御型ロボット(サイボーグ昆虫),スーパーコンピュータによる大規模脳シミュレーションなどで知られる。 主な著書:『サイボーグ昆虫、フェロモンを追う』(岩波書店,2014),『ロボットで探る昆虫の脳と匂いの世界―ファーブル昆虫記のなぞに挑む 』(フレグランスジャーナル社,2009),『昆虫ロボットの夢』 (農山漁村文化協会,1998)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。