近刊検索 デルタ

2017年9月26日発売

朝日出版社

火蛾の詩学 ゲーテとイスラーム神秘主義

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ゲーテ『西東詩集』中の詩「至福の憧れ」の一節をもとに、その詩的淵源をイスラーム神秘主義のうちにさぐる試み。 井筒俊彦らに導かれつつ、九世紀スーフィズムの偉大な指導者にして殉教者であるハッラージュのあるテクストにまで遡り、 そこで「火蛾」の形象に出会う。さらにはベンヤミンによって提起されたゲーテとボードレールにおける〈詩とアウラ〉の問題、 あるいはゲーテとイスラームにおける〈色彩神学〉の可能性についての考察が加えられる。
目次
まえがき Ⅰ 1 ハンマー訳ハーフィズ詩集 2 双子の兄ハーフィズ 3 ゲーテのプレテクスト 4 火蛾への変容Ⅰ ハーフィズ 5 火蛾への変容Ⅱ ハッラージュ 6 のその後 Ⅱ テクスト  この詩の韻律構成の基本的な枠組みについて一言。 0 表題 至福の憧れ 1 第一詩節 循環する焔 2 第二詩節 肉の悲しみ 3 第三詩節 まぐわいと目合 4 第四詩節 火蛾とメタモルフォーゼ  補説1 詩とアウラ ゲーテ─ボードレール─ベンヤミン 5-1 第五詩節 「死して成れ!」 5-2 第五詩節 光─曇り─闇  補説2 ゲーテの色彩神学 結びにかえて─ふたたび「死して成れ!」について─  1 レーヴィットとテレンバッハ  2 ジャラール・ッ・ディーン・ムハンマド・ルーミー  3 『ルーミー語録』と井筒俊彦
著者略歴
髙橋明彦(タカハシアキヒコ)
1952年東京生まれ。上智大学大学院文学研究科ドイツ文学専攻博士課程退学。 上智大学文学部教授 主要著書 『神話的世界と文学』(共著 上智大学出版2006年) 『ゲーテ「イタリア紀行」の光と翳』(青土社2011年) 『ニーチェ A嬢の物語』(青土社2013年)他

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。