近刊検索 デルタ

2017年10月26日発売

家の光協会

図解 知識ゼロからの現代漁業入門

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
漁業の生産の現場やそれを担う人、制度、流通、小売、消費国際関係 などについて、図解でわかりやすく解説! 漁業の現状がよくわかる!
目次
第1章 日本の漁業の特徴を知る 日本の地理と漁業の歴史/生業型漁業の発展/資本制漁業の発達/漁業の区分と現状/日本の沿岸漁業の現状 ほか 第2章 漁業を支える組織、制度を知る 日本の漁業制度の概要/水産行政の役割/漁業権とは何か? ほか 第3章 漁業の仕事と経営を知る 沿岸漁家の経営と課題/会社事業経営型漁業の仕事と経営を知る/大手水産会社とは何か?/漁業経営を安定させる制度 ほか 第4章 日本の養殖と栽培漁業を知る 養殖の歴史/種苗生産技術の確立/栽培漁業とは/養殖業の類型 ほか 第5章 水産物の流通・消費を知る 日本人の魚の消費量/全国各地の魚料理/水産加工の歴史と現在 ほか 第6章 水産物と国際関係を知る 世界各地の漁業の特徴/世界の水産物の消費/日本の水産物の輸入 ほか 第7章 漁獲資源の保護と環境保全を知る 漁獲制限にはどのような方法があるのか?/日本の資源管理制度/ウナギの資源管理制度/太平洋クロマグロの資源管理体制 ほか
著者略歴
濱田武士(ハマダタケシ)
大阪府生まれ。1999年北海道大学大学院水産学研究科博士後期課程修了。東京海洋大学准教授を経て、現在は北海学園大学経済学部教授。専門は漁業経済学、地域経済論、協同組合論。著書に『漁業と震災』(みすず書房。漁業経済学会学会賞受賞、日本協同組合学会学術賞受賞)、『日本漁業の真実』(筑摩書房)、『福島に農林漁業をとり戻す』(みすず書房、共著。日本協同組合学会学術賞受賞)、『魚と日本人 食と職の経済学』(岩波書店)ほか。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。