近刊検索 デルタ

2018年1月15日発売

家の光協会

マンガでわかる はじめての和食薬膳

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
冷えや貧血、便秘、むくみ、シミなど、
多くのひとが抱えるさまざまな悩みや不調を、食生活から改善!
身近な食材と簡単な手順で和食薬膳を食卓に手軽に取り入れるアイデアが満載!
和食薬膳の入門書!
目次
第1章 どうして和食が体にいいの?
そもそも和食って何を指すの?/和食の基本「一汁三菜」/薬となる料理、薬膳/薬膳の基本「陰陽五行理論」/食べ物は五つの味と性質に分けられる ほか

第2章 旬を生かした食事が健康をつくる
四季がある国だからこそ和食薬膳が必要/旬の食材が体を癒す/春の薬膳/夏の薬膳/土用の薬膳/秋の薬膳/冬の薬膳 ほか

第3章 気になる症状を和食で改善 それぞれに効果的な食材・レシピ
冷え・低体温/貧血・低血圧/便秘/下痢/シミ、そばかす、くすみ/にきび、吹き出物/肥満/むくみ/食欲不振、消化不良/胃痛、胃炎/風邪/せき、たん/アレルギー性疾患/夏バテ、暑気あたり/月経痛、月経不順/更年期障害/のぼせ、ほてり/頭痛、肩こり/疲労、倦怠感/不眠/精神疾患、うつ、イライラ、不安感/目の疲れ、充血 ほか 

著者略歴
武 鈴子(タケリンコ)
◎武 鈴子(たけ・りんこ)「東京薬膳研究所」代表。食養研究家。1970~85年まで柳澤成人病研究所に勤務し、成人病と食生活の研究・指導に従事。独自の「和食薬膳」を提唱し、各地で薬膳教室や講演などを行う。著書に『作りおき薬膳』『旬を食べる和食薬膳のすすめ』『からだに効く和の薬膳便利帳』(家の光協会)など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。