近刊検索 デルタ

2018年6月15日発売

家の光協会

から揚げは、「余熱で火を通す」が正解! いつもの料理が劇的においしくなる「火入れ」ワザ

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
おいしさの秘訣は「火の入れ方」にあった!!
から揚げやトンカツ、肉じゃがやポテトサラダなど、定番人気メニューの
「火入れ」のポイントを、イラストでわかりやすく紹介します。 
絶対おいしく作れるコツが、よくわかる!
目次
第1章 絶対おいしく作りたい! 人気料理ベスト7
ハンバーグ/鶏肉のから揚げ/焼きギョーザ/肉じゃが/プレーンオムレツ/マカロニグラタン/ポークソテー

第2章 焼く
チキンソテー/ビーフステーキ/豚肉の生姜焼き/鮭のムニエル/鯛のポアレ/だし巻き卵/ローストビーフ

第3章 炒める
青菜炒め/卵とトマトの炒めもの/チャーハン/エビチリ

第4章 揚げる
トンカツ/かき揚げ/フライドポテト

第5章 煮る
魚の煮つけ/豚肉の角煮/親子丼/野菜の煮物 ほか

第6章 ゆでる
豚しゃぶサラダ/棒棒鶏/ポテトサラダ ほか
著者略歴
上田淳子(ウエダジュンコ)
神戸市生まれ。辻学園調理技術専門学校卒業後、同校の西洋料理研究職員を経て渡欧。スイスのホテルやベッカライ、フランスではミシュランの星つきレストラン、シャルキュトリーなどで約3年間料理修業を積む。帰国後、シェフパティシエを経て、料理研究家として独立。自宅で料理教室を主宰するほか、雑誌やテレビ、広告などでも活躍。ワインに合う日本の食の提案イベントや、双子の男の子の母としての経験をいかした子どもの「食育」についての活動も行う。近著に『フランス人の好きな3種の軽い煮込み。』(誠文堂新光社)、『るすめしレシピ』『冷たいフライパンに食材を入れてから火にかけるコールドスタート』(自由国民社)などがある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。