近刊検索 デルタ

2018年3月19日発売

池田書店

もの忘れ・認知症を防ぐ ひらめき! 脳パズルまんぞく300

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
●「言葉」「数字」「視覚」「記憶」「作業」の5種類のパズルで脳にさまざまな刺激を与える!
●たっぷり300問あるから毎日コツコツ脳を鍛えられる!
●「初級」「中級」「上級」のレベル設定で
できるところから、達成感を感じながらチャレンジ!
★脳の鍛え方がわかる「脳タイプ診断」と、もっと脳を鍛える「集中チャレンジ」つき★

年齢を重ねるごとに、もの忘れが増えたり、反応が鈍くなったりするのは自然なこと。
「年だから仕方がない」とあきらめる必要はありません。
脳の神経細胞は、何歳になっても新しく生まれ変わることがわかってきています。
つまり脳を鍛えることで、脳の老化を防止して、いつまでも若々しく過ごすことができるのです。
300 の問題の中には、苦手なジャンルのものもあるでしょう。
それこそ、普段、使っていない脳の部位かもしれません。
目標時間を超えても、また解答を見ながらでも、あきらめずに問題を解いていくことで脳が鍛えられ、豊かな生活につながっていくはずです。
――「はじめに」より
目次
文字問題:クロスワード、ナンクロ、四字熟語、アルファベット変換…など
数字問題:ナンプレ、計算問題、お金の計算、単位の計算…など
記憶問題:歴史問題、昔の映画・歌・スポーツ選手、世界の国名…など
ビジュアル問題:間違い探し、図形問題、時計の針、マッチ棒…など
作業問題:線つなぎ、一筆書き、迷路、なぞり描き…など
著者略歴
塩田 久嗣(シオタ ヒサシ)
1962年生まれ。京都大学卒業。脳・感性研究者。ブレインサイエンス・ラボラトリー所長。専門は感情神経科学。各界の第一線で活躍している人をはじめ、これまでに数千人の“脳”を診断。また、神経科学、心理学、行動科学に基づいた脳力開発やメンタル指導を、子供から高齢者まで幅広く行っている。人気携帯サイト『男子脳×女子脳』(「ザッパラス 男子脳」で検索)の企画・監修をはじめ、執筆活動やテレビ、ラジオ出演も多数。おもな著書・監修書に『99.9%成功する脳の使い方』(中経出版)、『恋愛脳力』(飛鳥新社)、『「扁桃体(へんとうたい)パワー」が幸せを引き寄せる』(徳間書店)、『脳いきいき! ひらめきクロスワード なつかしの昭和』『もの忘れ・認知症を防ぐ ひらめき! 脳パズル100』(池田書店)など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。