近刊検索 デルタ

2018年7月18日発売

池田書店

楽しみながら算数センスをみがく! こども論理パズル 入門編

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ナンプレ(6×6、9×9)、まるばつパズル(8×8)や図形、迷路などのパズルをバランスよく入れた子ども向けパズル本。監修者は難関中学、高校受験指導を専門に定評のある西村則康氏。

<本書の特徴>
・4週間で続ける習慣を身につける
→本書は28日間、4問ずつ解いていく構成です。少しずつ続けていく習慣を作る目的があります。
・論理的思考が身につく
 →ナンプレやまるばつパズルを解いていくと、論理的思考が育まれます。
・楽しみながら解くことで自発的に考える力がつく
 →立体・平面図形、まちがい探し、迷路など、様々な問題で飽きずに楽しめます。
 →難易度を少しずつ上げていくことで、達成感を得られやすいように工夫しています。
・成功体験を重ねることで継続する力がつく
 →解いた日付、かかった時間を記入して、チャレンジ精神を刺激する設計になっています。
目次
はじめに
『こども論理パズル』で身につく3つの力
ナンプレのルールととき方
まるばつパズルのルールととき方
1週目(1~7日目)
2週目(8~14日目)
3週目(15~21日目)
4週目(22~28日目)
答え
著者略歴
西村 則康(ニシムラ ノリヤス)
プロ家庭教師集団「名門指導会」代表。40年以上、難関中学・高校受験指導を一筋に行い、毎年多数の生徒を最難関中学の合格に導く。「塾ソムリエ」としても活躍中。テレビや教育雑誌、新聞でも積極的に情報発信を行っており、保護者の悩みに誠実に回答する姿勢から熱い支持を集めている。著書に『中学受験は親が9割 最新版』(青春出版社)、『いちばん得する中学受験』(すばる舎)等多数。
Conceptis(コンセプティス)
イスラエルに拠点を置くロジックパズルコンテンツサプライヤー。年に一度開かれるWPC(World Puzzle Championship)のスポンサーでもある。これまでにドイツ、日本、イギリス、アメリカ、ロシア、フランスなど世界30カ国40誌以上の出版物およびモバイルやオンライン、コンシューマーゲーム向けにパズルコンテンツを提供し続けている。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。