近刊検索 デルタ

10月5日発売予定

潮出版社

龍馬は生きていた

潮文庫

978-4-267-02099-5

本体価格:900円+税

判型:文庫

openbd

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
慶応三年十一月、近江屋にて命を絶たれたはずの坂本龍馬は生きていた?
不自然なほどに抹消されている当時の周辺記録と、それを裏付けるような明治新政府の数々の情報統制。
大久保利通、伊藤博文、山形有朋ら明治政府にとって不都合な“真実”を深い深い闇の中へ葬り、自分たちの正当性を広く国民に植え付ける作業を、周到に、根気よく、こつこつとおこなったのではないか――。

歴史家加来耕三が、全国各地に残された史片や伝説・伝承を基に、綿密な調査と推敲で描く小説によって浮き彫りにする、もう一つの維新物語!
括目すべき歴史の真実をあぶりだす!

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。