近刊検索 デルタ

2018年1月17日発売

大月書店

消費税を上げずに 社会保障財源38兆円を生む税制

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
不公平な税制をただすだけで、38兆円の確保は可能だ! 財源試算から、消費税によらずに豊かな暮らしを実現する道筋を示す。
目次
はじめに――考えてみよう日本の税制と社会保障
序章 ゆがめられた日本の税制
第1章 景気を悪くし、生活を苦しくする消費税
第2章 所得税は高い? 安い?
第3章 日本の住民税は重い
第4章 日本の法人税は高くない 
第5章 不公平な税制をなくせば社会保障財源はある
著者略歴
不公平な税制をただす会(フコウセイナゼイセイヲタダスカイ)
1977年結成。1.累進税制の強化、2.総合課税の徹底、3.税の優遇(差別)措置の撤廃、4.脱税の防止などをめざして改革運動を行う税理士らを中心とした団体。年誌『福祉と税金』。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。