近刊検索 デルタ

2018年3月17日発売

大月書店

ワイド版国民文庫 マルクス伝

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
1918年原著の古典的評伝。神格化される前のマルクスの生涯を生き生きと叙述。生誕200年を記念しワイド復刻版として刊行する。
目次
3巻

第一三章 全盛期のインタナショナル
第一四章 インタナショナルの衰亡
第一五章 晩年の一〇年


(1巻)
編集者まえがき
序文
第一章 少年時代
第二章 ヘーゲル学徒
第三章 パリ亡命
第四章 フリードリヒ・エンゲルス
第五章 ブリュッセル亡命
第六章 革命と反革命

(2巻)
第七章 ロンドン亡命
第八章 エンゲルス=マルクス
第九章 クリミア戦争と恐慌
第一〇章 王朝的変革
第一一章 インタナショナルの発端
第一二章 『資本論』
著者略歴
フランツ・メーリング(フランツ メーリング)
Franz Mehring1846年~1919年。ドイツのマルクス主義者、歴史家。ドイツ社会民主党の機関紙「Neue Zeit」の編集に携わり、のち第一次大戦を支持した党主流派を批判してローザ・ルクセンブルクらと「スパルタクス団」を結成。マルクス・エンゲルスの遺稿の整理・研究にも貢献した。
栗原 佑(クリハラ タスク)
1904年~1980年。大阪市立大学名誉教授(経済学)。著書に『マルクス その青年時代』有斐閣、1950年)、訳書に『エンゲルスの追憶』(大月書店、1971年)『カールとローザ ドイツ革命の断章』(大月書店、1975年)ほか。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。