近刊検索 デルタ

2017年9月22日発売

笠間書院

論集上代文学 第三十八冊

第三十八冊
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
上代文学研究の最新成果を世に問う、年1冊刊行のシリーズ第38弾。
[執筆]遠藤宏/稲岡耕二/上野誠/山口佳紀/小野寛/金井清一/林勉/植田麦/曽倉岑
平成26年刊行の上代文学関係の単行本・雑誌論文を網羅した文献目録付き。
目次
万葉集の「孤語」(三)—予備的な調査—●遠藤宏
人麻呂歌集「寄物陳思」歌考(五)—「分類」の効用を考える—●稲岡耕二
讃酒歌の酒—酒をめぐる頌讃の文学様式から—●上野誠
古代の歌における時鳥の鳴き声●山口佳紀
本居宣長最晩年の万葉研究—野井安定の「東歌疑問」に答える(続)—●小野寛
古事記の神武聖婚説話について(前編)—神武伝説におけるその存在意義—●金井清一
兼右本敏達紀訓点の敬語表現—助詞—●林勉
三嶋本『日本書紀』と具書について●植田麦

上代文学研究年報二〇一四年(平成二十六年)●万葉七曜会編

[万葉七曜会会員逝去追悼文]阿蘇さんと万葉七曜会●曽倉岑
執筆者紹介

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。