近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
戦前の華族社会を舞台に、男爵令嬢・比佐子と「伝説の宝石」をめぐるミステリーを描く。大人気脚本家がおくる渾身の小説デビュー作。
著者略歴
荒井 修子(アライ シュウコ)
日本大学芸術学部卒業後、ドラマ制作会社を経て2004年脚本家デビュー。「島の先生」「マザー・ゲーム」「ツバキ文具店」等のヒットドラマを多数手掛ける。オリジナル脚本の評価も高く本作が小説デビューとなる。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。