近刊検索 デルタ

2017年10月27日発売

河出書房新社

戦後の精神史

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
戦後、日本は内外でどのように捉えられてきたか? 戦後の代表的知識人、渡邊一夫と竹山道雄を中心に、比較文化史の泰斗が解く。
著者略歴
平川 祐弘(ヒラカワ スケヒロ)
1931年、東京生まれ。東京大学名誉教授。比較文化史家。著書に、『和魂洋才の系譜』『ダンテ「神曲」講義』他。訳書に、ダンテ『神曲』『新生』、ボッカッチョ『デカメロン』、小泉八雲『骨董・怪談』他。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。