近刊検索 デルタ

2017年10月24日発売

河出書房新社

三沢と橋本はなぜ死ななければならなかったのか

90年代プロレス血戦史
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
志半ばで世を去った名レスラー2人は、なぜ、肉体を酷使しながらも闘い続けたのか。その深層をプロレス史に刻まれた事件と共に追う!
著者略歴
西花池 湖南(ニシハナイケ コナン)
1961年生まれ。同志社大学卒。80年代~90年代にかけて、新書の編集者として十数冊に及ぶプロレス本を企画、好評を博す。著書に『猪木は馬場をなぜ潰せなかったのか』(小社刊)などがある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。