近刊検索 デルタ

2017年10月27日発売

河出書房新社

アイヌ語地名と日本列島人が来た道

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
東北地方におけるアイヌ語地名の南限を厳密に見極め、大陸からやってきた人がそこでどのように交わり、民族が形成されたかを探る。
著者略歴
筒井 功(ツツイ イサオ)
1944年生まれ。民俗研究家。 著書に、『サンカの真実 三角寛の虚構』『葬儀の民俗学』『新・忘れられた日本人』『サンカの起源』『猿まわし 被差別の民俗学』など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。