近刊検索 デルタ

8月21日発売予定

河出書房新社

アマテラスの二つの墓

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
宇佐と伊勢の神宮両方に祀られるアマテラス。その意味を、アマテラス実在、日本歴史の開闢を解読しながらさぐる画期的な書。
著者略歴
戸矢 学(トヤ マナブ)
1953年、埼玉県生まれ。國學院大學文学部神道学科卒。神道・陰陽道研究において、独自の視点からアプローチを提示し、常に新たな問題・課題を提起する。主著に『卑弥呼の墓』『日本風水』『陰陽道とは何か』ほか。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。