近刊検索 デルタ

2017年11月24日発売

河出書房新社

資本主義はどう終わるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
資本主義はどう終わるのか? 『時間稼ぎの資本主義』で話題を呼んだシュトレークによる明晰にして緻密な資本主義終焉論の決定版。
著者略歴
ヴォルフガング・シュトレーク(シュトレーク,W)
1946年ドイツ生まれ。社会学者。95年よりケルンのマックス・プランク研究所(社会研究部門)所長、99年からはケルン大学教授を兼任。著書『時間稼ぎの資本主義』
村澤 真保呂(ムラサワ マホロ)
著書『ポスト・モラトリアム時代の若者たち』(共著)、訳書、タルド『模倣の法則』、フラスベック他『ギリシャ デフォルト宣言』(いずれも共訳)など多数
信友 建志(ノブトモ ケンジ)
1973年生まれ。京都大学人間・環境学研究科博士後期課程修了。訳書、フーコー『悪をなし真実を言う』ネグリ『野生のアノマリー』(いずれも共訳)など多数

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。