近刊検索 デルタ

2017年10月6日発売

河出書房新社

鉄鎖殺人事件

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
殺人現場に残された西郷隆盛の引き裂かれた肖像画は、死体の顔と酷似していた。元検事藤枝慎太郎が挑む、著者の本格探偵長篇代表作。
著者略歴
浜尾 四郎(ハマオ シロウ)
1896-1935。推理小説作家。検事、弁護士、貴族院議員、子爵。主な作品に、「殺された天一坊」「博士邸の殺人事件」「殺人鬼」などがある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。