近刊検索 デルタ

2018年2月6日発売

河出書房新社

闘争領域の拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
自由の名の下に闘争が繰り広げられる現代。若者たちは出口のない欲望の迷路に陥っていく。著者の問題意識が凝縮された小説第一作。
著者略歴
ミシェル・ウエルベック(ウエルベック,M)
1958年フランス生まれ。ヨーロッパを代表する作家。98年『素粒子』がベストセラー。2010年『地図と領土』でゴンクール賞受賞。15年には『服従』が世界中で大きな話題を呼んだ。『ある島の可能性』など。
中村 佳子(ナカムラ ヨシコ)
1967年広島県生まれ。翻訳家。訳書に、M・ウエルベック『ある島の可能性』『プラットフォーム』、B・サンサル『2084 世界の終わり』、バルザック『ゴリオ爺さん』、モーパッサン『ベラミ』など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。