近刊検索 デルタ

2017年9月13日発売

金の星社

光をくれた犬たち 盲導犬の一生

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
パピーウォーカー、盲導犬訓練士、ユーザーそして引退犬を支えるボランティア。盲導犬と人との絆とつながりを追うノンフィクション。
著者略歴
今西 乃子(イマニシ ノリコ)
大阪府岸和田市生まれ。ホテル勤務、航空会社広報担当などを経て、作家。国際理解をテーマに講演や、小・中学校の講師も務めている。児童文学者協会会員。著書にベストセラーとなっている『犬たちをおくる日 この命、灰になるために生まれてきたんじゃない』をはじめ、『よみがえれアイボ ロボット犬の命をつなげ』『命を救われた捨て犬 夢之丞 災害救助 泥まみれの一歩 』『心のおくりびと 東日本大震災 復元納棺師』『ドッグ・シェルター 犬と少年たちの再出』『おかあさんのそばがすき 犬が教えてくれた大切なこと』(金の星社)『さくら猫と生きる』(ポプラ社)など多数。
浜田 一男(ハマダ カズオ)
1958年、千葉県生まれ。東京写真専門学校(現東京ビジュアルアーツ)卒業。1984年にフリーとなり、1990年写真事務所を設立。第21回日本広告写真家協会(APA)展入選。『小さないのち まほうをかけられた犬たち』(金の星社)ほか、企業広告・PR及び雑誌・書籍の撮影を手がける。数点の著書の写真から選んだ「小さな命の写真展」を各地で開催。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。