近刊検索 デルタ

2017年9月15日発売

勁草書房

ビッグデータ・リトルデータ・ノーデータ

研究データと知識インフラ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
近年、政策面で研究データへの注目が高まっている。本書はデータとデータをめぐる実践に注目し、多くの分野において、ビッグデータよりも適切なリトルデータの方が優れており、関連するデータが存在しないか流通・発見・入手が難しいノーデータの状態もあることを指摘。研究政策(知識インフラに対する大規模な投資)の必要性を示す。
目次
はじめに 第Ⅰ部 データと学問 1章 挑戦的課題(provocations)  はじめに  ビッグデータ、リトルデータ  ノーデータ  挑戦的課題  まとめ 2章 データとは何か?  はじめに  定義とターミノロジー(専門用語)  まとめ 3章 データの学問  はじめに  知識インフラ  社会的側面と技術的側面  オープン・スカラーシップ  コミュニケーションの集中  まとめ 4章 データの多様性  はじめに  学問領域とデータ  サイズ問題  いつデータが?  まとめ 第Ⅱ部 データの学問の事例研究 第Ⅱ部はじめに 5章 科学におけるデータの学問  はじめに  天文学  センサネットワークの科学技術  まとめ 6章 社会科学におけるデータの学問  はじめに  インターネットサーベイとソーシャルメディア研究  社会技術研究  まとめ 7章 人文学におけるデータの学問  はじめに  古典芸術と考古学  仏教研究  まとめ 第Ⅲ部 データ政策と実践 8章 データの共有、公開、再利用  はじめに  研究データの需要と供給  研究者の動機  知識インフラ  分野別知識インフラ  まとめ 9章 データのクレジット、帰属、発見  はじめに  原則と問題  理論と実践  まとめ 10章 何を保持するか、そしてその理由は?  はじめに  挑戦的課題の再考  まとめ 参考文献 訳者解説 索引
著者略歴
クリスティン・L・ボーグマン(クリスティン ボーグマン)
クリステイン L. ボーグマン(Christine L, Borgman) カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA), 情報学・特別教授(Distinguished Professor). Big Data, Little Data, No Data で米国出版社協会専門・学術書出版部門による, 2015年コンピュータ・情報学部門PROSE賞を受賞. Scholarship in the Digital Age (MIT Press, 2007)をはじめ, 多数の著書および論文を出版している.
佐藤 義則(サトウ ヨシノリ)
佐藤 義則(さとう よしのり) 1955年生まれ. 図書館情報大学大学院情報メディア研究科(博士後期課程)修了. 博士(図書館情報学, 図書館情報大学). 現在, 東北学院大学文学部教授, 附属図書館長. 主要著作:「大学図書館のコレクション」日本図書館情報学会研究委員会編『情報の評価とコレクション形成』(勉誠出版, 2015), 「電子ジャーナルの利用」日本図書館情報学会研究委員会編『電子書籍と電子ジャーナル』(勉誠出版, 2014), 「e-Science と大学図書館:研究データサービスヘの対応」『情報の科学と技術』2013, vol. 63, no. 9, The changes in Japanese researchers' usage and perception of electronic resources: Result of SCREAL Survey 2011. Baltimore, 2012. 10, ASIS & T 75th Annual Meeting.(共著)
小山 憲司(コヤマ ケンジ)
小山 憲司(こやま けんじ) 1971年生まれ. 中央大学大学院文学研究科社会情報学専攻博士後期課程単位取得退学. 現在, 中央大学文学部教授. 主要著作:「デジタル時代のコレクション構築:大学図書館を中心に」『情報の科学と技術』2015, vol. 65, no. 9, 『ラーニング・コモンズ:大学図書館の新しいかたち』(共編訳, 勁草書房, 2012), How the digital era has transformed ILL services in Japanese university libraries: a comprehensive analysis of NACSIS-ILL transaction records from 1994 to 2008, Interlendeing & Document Supply. 2011, vol.39, no.1.(共著)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。