近刊検索 デルタ

2018年2月28日発売

勁草書房

電力と政治 下 日本の原子力政策 全史

日本の原子力政策 全史
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
福島第一原発事故から7年が経とうとしている。この間、戦後の電力・エネルギー政策、とりわけ原子力政策の何が明らかになったのか? そして事故後、事態はどう動いていったのか? なぜ電力自由化の改革は急速に進み、脱原発は後退したのか? とは言えなぜ自民党は原発再稼動を思うように進められないのか? 政治学であざやかに読み解く!
目次
第7章 野田内閣における原発ゼロへの挑戦と挫折
 1 野田内閣の発足
 2 東電へのデュー・ディリジェンスと原子力損害賠償支援機構の発足
 3 東電実質国有化をめぐる争い
 4 電力システム改革と核燃料サイクルをめぐる政治闘争
 5 大飯原発再稼働
 6 民意の奔流
 7 革新的エネルギー・環境戦略の策定
 8 民主党政権下での電力・エネルギー政策の分析

第8章 安倍内閣と原子力規制委員会――原発回帰の限界
 1 「原発ゼロ」の見直し
 2 原子力規制委員会の設置
 3 原子力規制委員会の新規制基準
 4 汚染水問題と東電への追加支援策
 5 小泉純一郎の原発即時ゼロ宣言とエネルギー基本計画の策定
 6 原子力規制委員会の委員交代
 7 原子力規制委員会と電力会社の対立
 8 虚構の避難計画
 9 エネルギーミックス

第9章 原発再稼働と電力自由化の矛盾
 1 老朽原発の廃炉と原発再稼働
 2 原発再稼働の進展と司法の覚醒
 3 電力システム改革の進展
 4 電力自由化と原発

第10章 終わらない東電問題と核燃料サイクル問題
 1 もんじゅ廃炉と核燃料サイクル事業の継続
 2 原発再稼働と地方自治体
 3 三度目の東電支援策と賠償費用のつけ回し
 4 民進党の迷走
 5 第二次・第三次安倍内閣下の電力・エネルギー政策の分析

終章 時間のなかの電力・エネルギー政策
 1 経路依存
 2 タイミングと配列
 3 長期的過程
 4 政策・制度変化

あとがき


参考文献一覧
人名索引
事項索引
著者略歴
上川 龍之進(カミカワ リュウノシン)
上川 龍之進(かみかわ りゅうのしん) 1976年生まれ. 京都大学法学部を卒業. 京都大学大学院法学研究科博士後期課程を修了, 博士(法学)を取得. 日本学術振興会特別研究員, 愛媛大学法文学部助手, 講師を経て, 現在:大阪大学大学院法学研究科准教授. 専門は政治過程論. 主著:『日本銀行と政治――金融政策決定の軌跡』(中公新書, 2014年), 『小泉改革の政治学――小泉純一郎は本当に「強い首相」だったのか』(東洋経済新報社, 2010年), 『経済政策の政治学――90年代経済危機をもたらした「制度配置」の解明』(東洋経済新報社, 2005)など.

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。