近刊検索 デルタ

7月23日発売予定

国書刊行会

天を相手にする 評伝 宮崎市定

評伝 宮崎市定
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本を代表する東洋史学者、宮崎市定。東洋史学研究の巨人と呼ばれるとともに、研究者、一般読者を問わず未だ江湖の読書人を惹きつけてやまぬその魅力を余すところなく詳述する初の本格的評伝。
目次
はしがき

第一章 千曲川の畔―飯山時代(明治三十四年~大正八年)
第二章 山出しの青年―旧制松本高等学校時代(大正八年~大正十一年)
第三章 優れた師の下で―京都帝国大学文学部での学生時代(大正十一年~大正十四年)
第四章 ごく上々な門出―大学院から旧制高校の教授(大正十四年~昭和九年)
第五章 鼻息の荒い時代―京都帝大の助教授、フランス留学(昭和九年~昭和十三年)
第六章 国策に従事して―京都帝大の助教授から教授へ(昭和十四年~昭和二十年)
第七章 地味な宮崎―京大教授時代(昭和二十一年~昭和四十年)
第八章 江湖の読者に迎えられて―停年後の宮崎(昭和四十年~平成七年)


あとがき
著者略歴
井上文則(イノウエフミノリ)
1973年京都府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、早稲田大学文学学術院教授。京都大学博士(文学)。専攻は古代ローマ史。著書に『軍人皇帝時代の研究―ローマ帝国の変容』(岩波書店)、『軍人皇帝のローマ―変貌する元老院と帝国の衰亡』(講談社選書メチエ)。訳書に『ローマ皇帝群像 4』(京都大学学術出版会)など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。