近刊検索 デルタ

2月3日発売予定

三一書房

極秘公文書と慰安婦強制連行

外交史料館等からの発見資料

本体価格:2,000円+税

判型:四六

openbd

月次:
635位

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
外交史料館で発見した公文書はどれも慰安婦強制連行の事実を裏付ける。公文書12点全文他、全41資料の書き起こしを付す。
目次
第1章 戦時動員職種に未成年朝鮮人女性の「接客業」
第2章 吉田清治氏が属した労務報国会を追う
第3章 奥野誠亮氏の死去
第4章 「業者」は初めから軍の偽装請負・手先
第5章 国会図書館が「極秘通牒」を内閣官房に提出
第6章 労務調整令の前身、青少年雇入制限令
第7章 発見した1938年当時の外務省関連文書
第8章 公文書が示す「慰安婦」強制連行のルートと人数
第9章 女子動員計画に「民族力強化」の言葉
第10章 婦女売買を禁じた戦前の国際法
【抜き書き】「慰安婦」強制連行関連の公文書(1938年中の外務省関連の公文書12点全文他、全41の資料を書き起こし)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。