近刊検索 デルタ

1月25日発売予定

春秋社

皮膚感覚から生まれる幸福

心身が目覚めるタッチの力
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「露出した脳」、「人体最大の臓器」などともいわれる皮膚。皮膚と何かが触れることで起こる感覚=「触覚」は、ヒトの身体や心理に深く関わり、触れること―タッチングは人を癒し、幸福感をもたらす。親子関係をはじめとした人間関係など他者との関係や愛着を築くうえで触れる力が与える影響を利他や慈愛の心から読み解き、タッチングの現代的な可能性に迫る。人同士の結びつきが弱まり身体的自己が薄れる時代に、身体心理学の最新の知見に基づき、人間の幸福とは何かをあらためて皮膚から考える。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。