近刊検索 デルタ

2018年6月22日発売

春秋社

戦争は犯罪である

加藤哲太郎の生涯と思想
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
名作『私は貝になりたい』の著者・加藤哲太郎が真に伝えたかったこととは何か。獄中で書かれた論文・エッセイを手がかりに、戦争の悲惨さと不条理を徹底的に突き詰め、平和への道を模索するBC級戦犯の姿を活写。戦後73年を経てなお、現代人の心情に根底から訴えかける哲太郎の反戦争論と平和社会論の真骨頂。
著者略歴
小松 隆二(コマツリュウジ)
昭和13年新潟県生まれ。慶應義塾大学大学院修了(経済学博士)。慶應義塾大学・東北公益文科大学教授を歴任。主要著作に『大正自由人物語』(岩波書店)、『公益のまちづくり文化』(慶應義塾大学出版会)、『新潟が生んだ七人の思想家たち』(論創社)等がある。 現在、学校法人白梅学園理事長。慶応大学名誉教授、その他いくつかの財団法人・学校法人・社会福祉法人の理事を兼務。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。