近刊検索 デルタ

2017年9月13日発売

祥伝社

十津川警部 七十年後の殺人

978-4-396-34345-3

本体価格:590円+税

判型:文庫

openbd

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
二重国籍の老歴史学者。沈黙に秘められた大戦の闇とは?
野尻湖畔のリゾート地で遭遇した難事件。七十年の時を超え十津川の推理が閃く!

〈島崎修一郎 過チヲ正シテ死亡ス〉信州野尻湖畔に建つ石碑の奇妙な銘文は、五十年前の未解決殺人に関わるという。十津川が休暇でこの地を訪れた翌日、何者かが石碑を爆破。さらに、事件を調べる歴史学者の小田切が失踪した。十津川の恩師である小田切は、外国人別荘地の会員で、二重国籍だった!? 大戦秘話、残された捜査メモ、米国の影……。十津川が歴史の闇を追う!

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。