近刊検索 デルタ

3月6日発売予定

誠文堂新光社

ハワイ行ったらこれ食べよう! オアフ島

地元っ子、旅のリピーターに聞きました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ハワイの食といえば、思い浮かべるものはなんでしょうか。
『ワッフル』や、『エッグ・ベネディクト』などの朝食系?
『ロコモコ』や『スシロール』などのごはん系?
『カップケーキ』や『クリームパフ』、『アイス&ソルべ』に『ハロハロ』などのスイーツでしょうか。
ボリューミーな『バーガー』や『ステーキ』もあるかと思います。

ハワイが初めてなのか、それとも、何度も訪れているかによって、ハワイの食への印象は変わることでしょう。
本書は、初めての人から、普通のガイドブックでは納得できないリピーターの人まで。
ハワイ・オアフ島の料理を、代表的なものはもちろん、現地っ子が食べるちょっとニッチなものまで、60以上、料理別に紹介しました。

ノースショアで『ガーリック・シュリンプ』をテイクアウトしてもよし。
レストランで、現地でしか食べられない『ハワイリージョナルキュイジーヌ』に舌鼓をうつもよし。
『チャウ・フン』や『スパムむすび』、『オックステールスープ』など、移民がもちこんだ各地の料理の多様性に触れるもよし。
さまざまな食文化が混ざり合って、ハワイ独特のオリジナリティあふれる風土が生まれていることを、
次の旅行で感じてみませんか?

「ハワイの人たちって、いったい何を食べているの!?」 と気になった人にもおすすめ。
セカンド・ガイドブックとして、持ち運びやすいサイズで作りました。
ハワイのグルメ巡りのお供に、ぜひどうぞ。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。