近刊検索 デルタ

1月26日発売予定

誠文堂新光社

デザインノート No.77

最新デザインの表現と思考のプロセスを追う
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
特集:ロゴ&マークのお手本。
どうつくり、どう見せる?
精鋭アートディレクター17人のロゴ&マークを一気見せ!

デザインにおいて、視覚的なイメージを構成する重要な役割を果たすのがロゴ&マークだ。
私たちは、日々の暮らしの中で無意識のうちに多くのロゴやマークを目にしている。
ロゴ&マークは、ブランドのコンセプトや想いなどを、
ワンビジュアルでユーザーに正確に伝えなければいけないという重要な役割を担っている。
まさにつくり手の実力やセンスが問われる仕事だ。

では、耐久性があり、時間とともに成長を続けるロゴ&マークを生み出す秘訣はどこにあるのか?
上質で知的な印象を醸し出すために、エレメントの必要条件とは?
信頼と安心を感じさせるデザインにするために、どこに注力すれば良いのか?
瞬間風速で強烈な印象を巻き起こすために必要な要素とは?

今回の特集では、精鋭アートディレクターの仕事に着目、
彼らが手掛けた最新のデザインを一堂に集めて紹介する必見の内容にて展開する。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。