近刊検索 デルタ

2017年10月3日発売

誠文堂新光社

竹かご編みの発想と技法

異素材との組ませ方から使い方まで 工夫と手順がわかる
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
竹かご作りの基本的な編み方を紹介した『竹かご編みの技法書』をベースに、 竹かご作りの発想法を、人気作家の作品工程をもとに紹介します。 そのポイントは、異素材との組み合わせ。 そもそも竹工芸では、籐という異素材の特性を作品作りに上手に活かしてきました。 そうした歴史を受け継ぎつつも、若手人気作家たちが挑んだのは、 今の暮らしに合うオリジナルな竹かごを作るための異素材の活かし方です。 本書は『竹かご編みの技法書』と同様に編み方の手順をていねいに紹介しているので、 本を見ながら作ることができる実践的な書籍となっていますが、 さらに作品作りを通じて竹かご作りの発想のヒントを得ることができます。
著者略歴
竹かご部(タケカゴブ)
竹かご部:竹かご部のメンバーは、「竹かごの良さを、もっと多くの人たちに知ってほしい」という本書のコンセプトに賛同し、自らは作品作りに意欲的に取り組んでいる人気竹工芸作家の集まりです。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。