近刊検索 デルタ

7月13日発売予定

誠文堂新光社

村上春樹語辞典

村上春樹にまつわる言葉をイラストと豆知識でやれやれと読み解く
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
村上春樹のファン、ハルキストの聖地と呼ばれるブックカフェ「6次元」のふたりが、
村上春樹にまつわるさまざまな用語をイラストとともに辞典形式で解説。
書名や登場人物から、作中に登場する場所や頻出するキーワード、
作家の名言や学生時代の逸話まで約600語が収録されている。

作品ゆかりの地を紹介したイラストマップや作家が好きな音楽や食事、翻訳版の装丁など、
さまざまな角度から楽しめるコラムも充実。
作品と作家について理解を深められる内容となっている。
著者略歴
ナカムラクニオ(ナカムラクニオ)
ナカムラクニオ:1971年東京都生まれ。フリーランスの映像ディレクターをしながらブックカフェ「6次元」を運営。著書に『人が集まる「つなぎ場」のつくり方』(CCCメディアハウス)、『金継ぎ手帖 はじめてのつくろい』(玄光社)など、道前との共著に『さんぽで感じる村上春樹』(ダイヤモンド社)がある。
道前 宏子(ドウゼン ヒロコ)
道前 宏子:1981年神奈川県生まれ。編集やライター業をしながら「6次元」を運営。6次元(ろくじげん):東京・荻窪にあるブックカフェ。村上春樹の読書会をはじめ、詩の朗読会など文学イベントを多数開催。毎年10月に開催されるノーベル文学賞発表イベントで、ハルキストには有名な存在。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。