近刊検索 デルタ

7月9日発売予定

誠文堂新光社

絵封筒の描き方

絵てがみをもっと自由に楽しもう
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「絵てがみ」の本は数多くありますが、この本は「絵封筒」の描き方を紹介した本です。
ふだん皆さんが絵てがみを描くのと同じように、
こんどは封筒を使って描いてみよう…というわけです。

封筒を使って、どのように相手に思いを伝えていくのか…。
封筒にも絵や文字は描けるし、もちろん、中に入れる絵てがみにも描くことができます。

封筒はタテ長でもヨコ長のものでもよいし、中に入れる手紙だって便箋用紙でも、
コピー用紙でも、和紙でもよい。
その自由な発想が、この絵封筒にはあるのです。

贈られた相手はまずはパッと見て「絵封筒」を楽しみ、
次に開いてみて「絵てがみ」でさらに楽しむことができます。
つまり、この時間の経過とともに、オリジナルの物語性を生み出すことで、
二重の楽しみが得られる仕掛けになっているのです。

絵手紙の進化型? といっても過言ではなく、人と人とのつなげる、
新しいコミュニケーション・ツールになるのではないでしょうか。

本書では、春夏秋冬、四季の暮らしに贈りたい絵封筒の参考事例から、
普段の生活での挨拶状、お礼状、お祝い、お見舞いなどにもひと工夫してみました。
著者は「絵てがみ」の世界で新境地を開いてきた吉永咲子先生。
ぜひとも、本書を読んで、新しい絵封筒にチャレンジしてほしいです。
著者略歴
吉水 咲子(ヨシミズ サキコ)
吉水 咲子:栃木県生まれ。1998年に「絵手紙夢工房」を創設。東京杉並区を中心に、渋谷、恵比寿、宇都宮などで教室を展開し、福祉団体へのボランティア活動などを行う。1999年から栃木県「芭蕉の館」で「母への絵手紙展」と題し、定期的に個展を行う。2003年羽田空港ギャラリー、2004年那須国際ビエンナーレに出展。2004年ニューヨーク・フルッソギャラリーで個展「心に伝える絵手紙展」を開催。2005年から東京杉並区役所区民ギャラリーで10年間個展をつづける。2011年、2013年世界一周の船旅で「絵手紙カルチャー」講師。2013年11月NHK「団塊のスタイル」に出演。雑誌「Gabin」(百歳万歳)に連載。著書に『絵手紙で新しく生きる 描いて、送る。』(講談社)、『絵てがみ 季節を大切にすることば選び』『絵てがみ 心に残る年中行事のことば選び』『絵てがみ 美しい日本を巡る旅のことば選び』(ともに誠文堂新光社)がある。絵手紙夢工房 http://e-etegami.jp/

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。