近刊検索 デルタ

2017年10月5日発売

誠文堂新光社

月のこよみ 2018

365日の月の満ち欠けがわかる
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
365日、毎日、姿を変えて見える月を、 実際に夜空を見上げて楽しむためのガイドブックです。 2018年の毎日の月の満ち欠け、月の呼び名、旧暦、二十四節気、 潮の干満、毎日の月の出没時刻、毎月の星空など役に立つ情報が満載です。 各月それぞれ、その月に見ておきたい、美しい月が見られる「おすすめお月見日和」の項目をさらに増やし、 美しい月が見られる見え方や時間を紹介します。 特別な道具がなくても、都会でも、誰もがみても楽しめる地球にもっとも近い星“月”。 気構えることなくぼんやりと月を眺めるだけでも、 心が落ち着き、ゆとりある豊かな時間を時間を送れるようになります。
著者略歴
相馬 充(ソウマ ミツル)
相馬 充:東京大学東京天文台助手・国立天文台助手・主任研究員を経て,現在,国立天文台助教。専門分野は位置天文学・歴史天文学。主な著書に「天文年鑑」などかある。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。