近刊検索 デルタ

2017年9月25日発売

誠文堂新光社

2018年卓上リングカレンダー 四季をいつくしむ花

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
白い器に活けられたみずみずしい花の姿を、週めくりで紹介するカレンダーです。 花の写真は50枚以上。 毎週異なる花の姿を楽しめ、飾る場所に彩りを与えます。 花を活けたのは、月刊「フローリスト」で人気連載中の谷匡子さん。 日本人が持つ自然観、美意識を大切に、四季を感じる花を活けました。 カメラマンは岡崎健志さん、カレンダーデザインには、haseさんを起用。 毎週めくるのが楽しくなる、花のカレンダーをお楽しみください。
著者略歴
谷 匡子(タニ マサコ)
谷 匡子:挿花家。兵庫県生野町に生まれる。5歳から生け花を習い、その後、栗崎昇氏、濱田由雅氏に師事。1986年にdoux.ce(ドゥセ)を設立。花を活けることを通して、日本人が持つ自然観、美意識を大切に、季節を五感で感じる表現を提案している。著書に『花活けの手引き』、『四季をいつくしむ花の活け方』(誠文堂新光社刊)。2011年5月より月刊「フローリスト」にて連載中。http://doux-ce.com/

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。