近刊検索 デルタ

2017年9月20日発売

柏艪舎

争いの樹の下で〈二〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
樹齢千年を誇る巨木。千年にわたって人の世の移り変わり、争いに満ちた人間の営みを目の当たりにして来た私は、目の前で首を吊った妊婦から生まれ落ちたおまえの人生を見守る。流れゆく者と淀む者、創る者と壊す者、生きる者と生きながら死する者。 両者の鮮烈な対比を軸に、この長大な物語は進んでいく。丸山文学の精髄が詰め込まれた、著者の全集の劈頭を飾るに相応しい傑作。
著者略歴
丸山 健二(マルヤマ ケンジ)
丸山健二 (まるやま けんじ) 一九四三年生まれ。二十二歳から文筆活動に入り、当初から文壇とは一線を画した独自のスタンスで、刺激に富んだ創作活動を続けている。高質で、斬新で、透明感にあふれ、力強く、確信に満ちた文体を、変幻自在に駆使して、新境地を次々に切り拓いてゆく圧倒的な作風は、小説のみならず、言語芸術の世界において他の追随を許さぬ稀有な存在であり、生者の魂を根底から甦生させ得る、真の第一人者である。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。