近刊検索 デルタ

7月25日発売予定

柏艪舎

真文学の夜明け

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
丸山健二から、真の文学を目指す書き手へ送るメッセージ。
文学の王道を歩む、丸山健二が立ち上がった!
文学に携わる方、文学を目指す方にぜひ読んでいただきたい一冊
書き下ろし、新作エッセイ!

「まだ見ぬ書き手へ」から24年。
大きく変わった出版界の現状を踏まえて、丸山健二が真の文学を目指す書き手へ向けて、
文学の鉱脈を掘るすべと心構えを伝授する。

丸山健二こそは、我々が真に世界に誇り得る唯一の日本人作家であり、文学の王道を歩む第一人者であることに疑問の余地はないだろう。
甘ったれたナルシシズム(自己愛・自己陶酔)に過ぎない、作文に毛が生えたような、台本と区別がつかないような小説がなぜ次々に出版され、あまつさえ賞を獲得し、持て囃されるのか。
真の文学とは何か、“文学もどき” しか読もうとしない読者とはいかなるものか――そういった根本的な問題に、百年先を見据えて、丸山健二が渾身のメスを入れてゆく。

文学という最も人間らしい芸術が数千年を経た現在においても、手つかずの鉱脈が、宝の山が眼前にごっそり眠っているというあまりにも口惜しい状況を前に、そこを掘削する術についてより具体的に述べたいと思う。          ―本文より
著者略歴
丸山 健二(マルヤマ ケンジ)
丸山健二 (まるやま けんじ) 一九四三年生まれ。二十二歳から文筆活動に入り、当初から文壇とは一線を画した独自のスタンスで、刺激に富んだ創作活動を続けている。高質で、斬新で、透明感にあふれ、力強く、確信に満ちた文体を、変幻自在に駆使して、新境地を次々に切り拓いてゆく圧倒的な作風は、小説のみならず、言語芸術の世界において他の追随を許さぬ稀有な存在であり、生者の魂を根底から甦生させ得る、真の第一人者である。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。