近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
オランダの港町アムステルダムに1匹のネズミがやってきた。名前はピープ。ロイドホテルにすみついたピープ一家はときをこえて生きるネズミになった……。さあ、100年前から物語を始めよう。ロイドホテルの歴史は、私たち人間の生の縮図のようである。その「まなざし」は、未来につながる。「未来への記憶」シリーズ第2弾。
目次
ようこそロイドホテルへ
ロイドホテルのまなざし
著者略歴
野坂 悦子(ノザカ エツコ)
野坂 悦子 1959年、東京都生まれ。5年間ヨーロッパで暮らした後、20年以上にわたりオランダの子どもの本と文化の紹介に力を注いでいる。『おじいちゃん わすれないよ』(金の星社、産経児童出版文化賞大賞)、『いじわるなないしょオバケ』(文渓堂)、『とくべつないちにち』(講談社)、『ミスターオレンジ』(朔北社)、『100時間の夜』(フレーベル館)をはじめ100点以上の作品を翻訳。創作絵本に『カワと7にんのむすこたち クルドのおはなし』(福音館書店)、『ロロとレレのほしのはな』(小学館)がある。世界各地で紙芝居の共感の魅力も伝えている。
牡丹 靖佳(ボタン ヤスヨシ)
牡丹 靖佳 1971年、大阪府生まれ。現代美術作家。東京をはじめ、オランダ、スウェーデンなど世界各地で作品を制作、発表している。主な展覧会に「イメージの庭」(伊丹市立美術館、兵庫、2017年)、「gone before flower」(アートコートギャラリー、大阪、2016年)、「Unknown Library」(MA2 Gallery、東京、2013年)などがある。2012年に出版された創作絵本『おうさまのおひっこし』(福音館書店)は第24回ブラティスラヴァ世界絵本原画展の日本代表に選ばれる。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。