近刊検索 デルタ

2017年9月26日発売

淡交社

喫茶の歴史

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
〈喫茶の歴史は日本だけ、茶の湯だけでは語れない〉
〈新進気鋭の筆者による"新しい"「茶道教養講座」全16巻。第9回配本〉

嵯峨天皇の時代に唐風の喫茶が伝わって以来、中世には茶の効用が知られて寺院を中心に茶が飲まれ始め、南北朝時代には茶が嗜好品となって、安土桃山時代に「茶の湯」という喫茶文化が大成します。日本の喫茶文化のなかでは抹茶に注目が集まりがちですが、禅院での喫茶にも煎じ茶は用いられ、茶の湯の時代にも煎茶は共存していました。そして、茶を愛好する人々の理想像は、いつも中国唐時代に『茶経』を著した陸羽であり、「茶歌」を詠じた文人・盧同でした。従来の研究では見落とされがちな煎茶にもしっかりと目を向けて、日本の「喫茶史」を語ります。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。