近刊検索 デルタ

10月4日発売予定

淡交社

京響と仲間たち

京都市交響楽団ガイドブック

978-4-473-04186-9

本体価格:1,500円+税

判型:A5

openbd

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
〈クラシックはちょっと……、という方でも楽しめる音楽への前奏曲〉

「クラシックにはなじみがなくて…」「なんだかむずかしそう…」という人が多いなか、根強い人気を誇る京都市交響楽団。日本で唯一自治体直営のオーケストラとして1956年に設立されてから、2016年に60周年をむかえました。昨年はロックバンド「くるり」のヴォーカル・岸田繁がはじめて作曲した交響曲を初演するなど、老舗のオーケストラでありながら常に新たなジャンルに取り組むそのアグレッシブな姿勢が、多くの支持を得ています。岸田繁のエッセイ、若手人気小説家・武田綾乃のルポ小説、三人の常任指揮者による鼎談、楽団員の声などを通して、京響の魅力にせまります。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。