近刊検索 デルタ

2018年7月25日発売

淡交社

実践 取り合わせのヒント 8

稽古と茶会に役立つ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
〈毎月の稽古と茶会に役立つ、茶の湯あれこれ〉
〈取り合わせへの理解を深めると、主客どちらの立場になっても、茶席はもっと楽しくなる!〉

2018年の淡交テキスト『稽古と茶会に役立つ 実践 取り合わせのヒント』は、茶席の取り合わせの土台となる歳時記・故事・物語や意匠・銘に関することがらを取り上げます。茶席でみかける意匠の解説《意匠を知る》では「鳳凰」を紹介、《テーマを考える》は、「四霊の一、鳳凰・送り火・錬成・謝茶」の4テーマをイラストやキーワード図解を用いて楽しく解説し、関連する道具をあげながら取り合わせのヒントを探ります。そして《茶道具一つから取り合わせ二題》では、「尾上釜」を用いた二例を紹介し、取り合わせの幅を広げるアイディアを学びます。さらに《茶人の噺》は近代茶人のユーモアあふれる茶の湯エピソードを紹介、第八話は原三溪です。そのほか、お役立ち歳時記や季節のことばを紹介する《茶の湯ごよみ》も盛り込み、8月の稽古と茶会に役立つ充実の一冊をお届けします。
著者略歴
小澤宗誠(オザワソウセイ)
茶道家
本間宗寿(ホンマソウジュ)
茶道家
榎本宗白(エノモトソウハク)
茶道家
依田 徹(ヨダトオル)
遠山記念館学芸課長

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。