近刊検索 デルタ

2018年8月6日発売

筑摩書房

英語教育幻想

ちくま新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
英語は全世界の人々を繋ぐ? 英語力は経済的な成功に? ネイティブ教師について幼少期から学習するのが良い? 日本人の英語信仰、その真偽をあぶりだす。
著者略歴
久保田 竜子(クボタ リュウコ)
カナダ・ブリティッシュコロンビア大学教授(応用言語学)。長野県生まれ、立教大学卒、公立中学・高校で英語教諭(1980-1986年)。1992年トロント大学で教育学博士号取得。米ノース・カロライナ大学で14年以上の准教授・教授を経て、2009年より現職。著書に『グローバル化社会と言語教育 ――クリティカルな視点から (久保田竜子著作選1)』『英語教育と文化・人種・ジェンダー (久保田竜子著作選2) 』(奥田朋世 (監訳)). Race, culture, and identities in second language education: Exploring critically engaged practice. New York: Routledge. (2009年、編著)。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。