近刊検索 デルタ

9月10日発売予定

筑摩書房

日本人の死生観

ちくま学芸文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
西行、兼好、芭蕉等代表的古典の中に、「死」の先達たちの生き方を辿り、現代に生きる私たちの問題として考える。日本人の心性の基層。解説 島内裕子
著者略歴
立川 昭二(タチカワ ショウジ)
1927-2017。早稲田大学文学部史学科卒業。1966-77年、北里大学教授。主に文化史、生活史の視点から病気、医療、死を考察した。 1980年『死の風景』でサントリー学芸賞受賞。著書:『日本人の病歴』、『病いと人間の文化史』、『明治医事往来』、『いのちの文化史』他多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。