近刊検索 デルタ

2018年1月31日発売

CCCメディアハウス

サクッと起業してサクッと売却する

就職でもなく自営業でもない新しい働き方
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
起業本は多数あるが、「将来において事業を売却することまで見通した上での」起業の考え方について語った本はまだない。だが若い世代を中心に、「社会貢献」や「社会変革」という観点から「事業ありき」で起業するのではなく、ときには事業を売却して早めに資産を形成し、「本当にやりたい事業」を見極めていく方がエキサイティングな人生を送れるはずだ、と考える起業家が確実に増えている。
起業して会社を売る文化が広がれば、自分の人生を能動的にコントロールし、人生100年時代をめいっぱい楽しむ人が増えるだろう。
本書は自身6度事業を売却し、現在は中小企業に投資銀行サービスを提供できる会社を展開中の若手シリアルアントレプレナーが、その方法論のみならずメンタル面をも語る。
著者略歴
正田圭(マサダケイ)
15歳で起業。インターネット事業を売却後、M&Aサービスを展開。事業再生の計画策定や企業価値評価業務に従事。2011年にTIGALA株式会社を設立し代表取締役に就任。テクノロジーを用いてストラクチャードファイナンスや企業グループ内再編等の投資銀行サービスを提供することを目的とする。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。