近刊検索 デルタ

2018年2月28日発売

CCCメディアハウス

世界で通用する「地頭力」のつくり方

自分をグローバル化する5+1の習慣
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
元外交官でグローバル人材育成のプロが、情報収集の方法からその読み解き方、日々の仕事の仕方や人間関係のつくり方、さらには余暇の過ごし方まで、すぐに実践できることから具体的に指南。グローバル化やIT化が進展し、雇用環境が不安定化していくなか、日本国内だけで通用する能力では将来生きていけないことを本能的に知っている若手ビジネスパーソンに向けて、真に「世界で通用する考え方」ができる人になるための具体的な方法を教えます。
著者略歴
山中俊之(ヤマナカトシユキ)
株式会社グローバルダイナミクス代表取締役社長、神戸情報大学院大学教授。 元外交官。元CSIS(戦略国際問題研究所)国際フェロー。 1968年西宮市生まれ。東大法学部卒業後、外務省入省。エジプト、英国、サウジアラビアに赴任し、対中東外交、地球環境問題等を担当。首相通訳や国連総会も経験。外務省退職後、日本総研を経て2010年に独立(2009年には稲盛和夫氏に選抜されCSIS国際フェローとして渡米)。日本企業、外資系企業のマネジメント、グローバル理解研修の他、複数の企業・団体顧問として人材開発、グローバル化を支援。これまでに120カ国以上の人々と交流、100団体以上の改革に関わり、3万人以上の研修を担当。 ケンブリッジ大学開発学修士、ビジネス・ブレークスルー大学院大学(大前研一学長)MBA、大阪大学国際公共政策博士。 著書に『日本人の9割は正しい自己紹介を知らない』(祥伝社、2014)、『ビジネスに効く海外情報収集術』(kindle版、2014)など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。