近刊検索 デルタ

2017年9月30日発売

東京書籍

昭和天皇実録 第十三

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
『昭和天皇実録』は、宮内庁において平成2年より24年の歳月をかけ編修され、平成26年8月、本文60巻が天皇皇后両陛下に奉呈されました。
明治34年の御誕生から昭和64年の崩御に至るまでの89年間、「激動の時代」を生きた天皇の御事蹟、そしてそれにまつわる日本の政治、社会、文化などを余すところなく記述。
そこにはこれまで知られていなかった昭和天皇の生きた御姿とその時代が、生き生きと記されています。

『昭和天皇実録 第十三』(昭和三十五年~昭和三十九年)の内容

戦後の混乱は過去となり、日本は高度経済成長時代を迎える。
皇孫浩宮徳仁親王が誕生、国内は皇室に対する祝賀ムードに包まれる。
池田勇人内閣により、国民所得倍増計画が打ち出され、国内では急速な工業発展が進む。
天皇により開会が宣言された東京オリンピックの成功は、国際社会における日本の地位を飛躍的に高めた。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。