近刊検索 デルタ

2017年9月21日発売

東京創元社

ブラウン神父の醜聞

創元推理文庫

中村保男/翻訳

978-4-488-11017-8

本体価格:740円+税

判型:文庫

openbd

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』に先んじたような作品「古書の呪い」を初め、閉ざされた現場から忽然と消えた殺人者の謎「ブルー氏の追跡」、陸へ上がったばかりの提督が殺害された奇妙な事件とブラウン神父の鮮やかな推理が印象的な「緑の人」や、「共産主義者の犯罪」など、いずれもチェスタトン特有のユーモアと逆説にあふれた9編を収録する。名シリーズの最終巻が読みやすくなって、新しいカバーでリニューアル!

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。