近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
神聖な文字として、また書道や歴史民俗でも注目の梵字。基本的な236字について、その読み、由来、種子・真言から他の書体、異体字、筆順を掲げ、さらに歴史から書き方まで、梵字の万般を解説する新しい決定版。
目次
第1部 梵字の基礎知識
    1 梵字悉曇の歴史
    2 字母表と梵字の特徴
    3 密教の教義と梵字
    4 書写の心構えと基本筆法

第2部 梵字悉曇字典(字形・解説・種子等)

付 録 (種子曼荼羅図・種子尊格索引)
著者略歴
小峰 智行(コミネ トモユキ)
1971年(昭和46年)東京都生まれ。早稲田大学第一文学部中退後、大正大学に進学。2008年大正大学大学院仏教学研究科博士後期課程仏教学専攻満期退学。現在大正大学非常勤講師。1996年より、児玉義隆師に師事し、梵字悉曇を学ぶ。2008年、松本俊彰師の門をたたき、今日に至るまで指導を受ける。慈雲山観蔵院(東京都練馬区)副住職。共著書に『空海読み解き事典』(2014年・柏書房)・『般若経大全』(2015年・春秋社)など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。