近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
草創期から現在までの歌舞伎について、日本人(観客)との関係、他芸能との関係、辿ってきた道のりなどを描く。時代の変化や時の政権に翻弄されつつも生き延びてきた歌舞伎が、私たちにとってどのような存在なのかがわかる。
目次
はじめに
江戸時代以前 混沌とした時代の中で
江戸時代 徳川二百六十年と共に生きた歌舞伎
明治時代 新しい時代の波を受けて
大正時代 大正モダニズムと歌舞伎
昭和時代 第二次世界大戦を挟んで 戦前編
昭和時代 第二次世界大戦を挟んで 戦後編
平成時代 これからの歌舞伎のありようとは
あとがき 「歌舞伎」はどこへ行くのか
著者略歴
中村 義裕(ナカムラ ヨシヒロ)
1962年生まれ。早稲田大学卒業。演劇評論家。日本演劇学会会員、早稲田大学演劇学会会員。少年の頃より芝居が好きで、 現在までに6,000本を超える芝居を観、その劇評や記録を残しているほか、多くの俳優との対談や芸談の聞き書き、演出、講演など、演劇全般の裾野を広げる活動を行っている。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。