近刊検索 デルタ

2017年9月22日発売

東洋館出版社

[平成29年版]小学校 新学習指導要領ポイント総整理 社会

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
【まるごと早わかり!新学習指導要領ポイント総整理全16巻シリーズ】本シリーズでは、各教科ごとに、「何が」「どのように」変わったのか、そして、これからの授業の在り方を分かりやすく解説しました。どの教科においても、新学習指導要領作成に関わる先生方が執筆しており、信頼できる内容となっています。 「社会」は「何が」「どのように」変わったのか? 今次の改訂の趣旨、改訂のキーワードを新学習指導要領作成に関わる先生方が執筆!
目次
特別インタビュー 新しい社会科が目指す地平「未来志向」 澤井 陽介 特別寄稿 新学習指導要領等が果たす役割 無藤 隆 CHAPTER 1 社会科改訂のポイント 新しい社会科が目指すもの~改訂の趣旨について~ 改訂のポイント~何が,どのように変わったのか~ CHAPTER 2 [授業改善の視点①]「主体的・対話的で深い学び」の実現 社会科における「主体的・対話的で深い学び」 社会科における問題解決の過程(プロセス) 社会科の特質に応じた授業改善の視点 CHAPTER 3 [授業改善の視点②]カリキュラム・マネジメント 社会科で目指すカリキュラム・マネジメント 年間指導計画作成のポイント―第3学年― 年間指導計画作成のポイント―第4学年― 年間指導計画作成のポイント―第5学年― 年間指導計画作成のポイント―第6学年― 単元作成のポイント CHAPTER 4 [授業改善の視点③]「内容の取扱い等」に関する解説 「社会的な見方・考え方」を働かせる指導のポイント 教材化のポイント 付 録 小学校学習指導要領(抄) 移行期間中及び全面実施後の小学校の標準授業時数 前文 総則 社会
著者略歴
安野 功(ヤスノ イサオ)
國學院大學教授として、教員養成に心血を注いでいる。専門は社会科教育。前職の文部科学省教科調査官時代には、現行(平成20年版)学習指導要領(小学校社会科)の改訂を担当。 小学校教諭、教育委員会指導主事の経験をもち、その間、浦和市(現・さいたま市)立高砂小学校、道祖士小学校において研究主任、教務主任を歴任。研究・研修を軸とした学校づくりのチームリーダーとして辣腕を発揮。このときのチームメートの多くが、現在、埼玉県さいたま市の教育委員会、校長として活躍している。 主著は、『社会科の新しい使命』(日本文教出版、2013年)、『板書で見る全単元・全時間の授業のすべて(小学校社会科)』(東洋館出版社、編著2011年)、『安野功の授業実践ナビ社会』(文溪堂、2010年)、『社会科授業力向上 5つの戦略』(東洋館出版社、2006年)など、多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。